環境共生と低炭素のまち・京都

TEL:0120-668-203受付:9:00~21:00

環境共生と低炭素のまち・京都

京都市では、行政への市民の皆様の参加を促進する為に《ワークショップ》手法を取り入れて市民のアイデアや意見交換行っています。
今回、環境基本計画の改定(平成28年から平成37年度)にともない、子供達や京都市民の皆様を対象にした《ワークショップ》を開催し、京都市が目指す環境像のイメージを話し合い、様々な御意見をいただきました。
京都市の環境の取り組みとして参考にさせていただきました。

『子供達からの御意見』

〈地球温暖化を防ぐ為に〉

・公共機関の乗物を使う
・普段は歩く
・自転車の日をつくり、その日は自動車を禁止する
・暑過ぎない京都を目指す

〈豊かな自然や快適なまちの環境を守る〉

・自然が沢山あり、空気・空・星・川・水などが綺麗な京都
・生物や動物・花・森林を守る
・美しい自然が見られる
・公園などの自然が沢山ある

〈循環型のまちでゴミを減らす〉

・町中を掃除する
・ゴミがあまり出ない美しいまち京都

〈皆んなで環境保全をする〉

・皆んなでボランティア活動をする
・近所の農家で取れた野菜を沢山食べる
・安心して住める京都の環境をつくる

『京都市民からの御意見』

〈地球温暖化を防ぐ〉

・水素ステーションの完備
・省エネ 太陽光発電やゴミ発電の推進(原子力に依存しない
・地下鉄と自転車で移動しやすい京都

〈豊かな自然や快適なまちの環境を守る〉

・自然が沢山あり、空気・空・星・川・水などが綺麗な京都
・自然環境と京都の釣り合いが取れている
・絶滅危惧種が保護され、生態系が維持されている
・都市公園や屋上の緑化
・木造家屋の多い町並み

〈循環型のまちでゴミを減らす〉

・行政と市民が一体となり3Rの徹底
・不法投棄のない町づくり
・ゴミは綺麗に処理

〈皆んなで環境保全をする〉

・環境教育の徹底
・京都市民が協力し環境を守る社会
・身近にできた作物を食べられる
・観光客に綺麗だと褒められる京都

↑ PAGE TOP