目の中のゴミ・飛蚊症(ひぶんしょう)

TEL:0120-668-203受付:9:00~21:00

目の中のゴミ・飛蚊症(ひぶんしょう)

何かを見ているときに、『小さいゴミ・黒や白い点・虫のようなもの』が見える症状です。
初めは目にゴミが入ったのかな?ぐらいに思われます。
視線を動かすと逃げていくように動いたり、近づいたりする動きなど様々です。
形や大きさなども人によって異なり、日毎に形が変わる場合もあります。特に明るい場所で晴れている空を見上げるとハッキリと見えることが多いようです。
『蚊が飛んでいるようなことから【飛蚊症】と呼ばれています。』

飛蚊症

【飛蚊症】には、『生理的飛蚊症』と『病気による飛蚊症』があります。
『生理的飛蚊症』は、病気ではありません。
眼の中には硝子体膜があり網膜にへばり付いています。
それが剥がれて網膜の細胞を自分で見ているのです。
原因としては、ストレスや年齢による加齢が考えられています。
現在も有効な治療法は確立されていないようなのですが、『飛蚊・ゴミ』は眼の中で動くので端に移動してくれると『飛蚊・ゴミ』は見えなくなります。
『病気による飛蚊症』
網膜剥離や網膜裂孔などによる眼の病気が引き起こし場所です。
【症状の例として】
・以前よりも数が増えた。
・視野が欠ける。
・影が濃くなる。
・物が歪んで見える。
・眼が痛いなど
『飛蚊症の対応』
・眼のゴミ・飛蚊を初めて自覚したときは、眼科に行き検査を受けましょう。
生理的飛蚊症と診断されれば、まずは一安心です。
・もし、病気が原因で発症しているのなら、元の病気をキチンと治療を行ってくだ
さい。
・以前に飛蚊症になり(飛蚊ゴミ)が無くなった人も、数年後に現れた(飛蚊ゴミ
が同じとは限りません。そのときは、眼科で検査を受けましょう。

 

 

↑ PAGE TOP