大阪府四条畷市でのゴミ屋敷ゴミ部屋清掃 はセントワークス

TEL:0120-668-203受付:9:00~21:00

四条畷市の遺品整理、ゴミ屋敷ゴミ部屋清掃はセントワークスにお任せください。

セントワークスは大阪を中心に近畿一円でゴミ屋敷ゴミ部屋清掃を行う専門の業者です。

四条畷市のホームページ

四条畷市のゴミの出し方

可燃ごみ
生ごみなどの台所ごみ、紙類、布類、小さなプラスチック商品、少量の木くずなど可燃性の家庭ごみで、45リットル以下の袋に入るもの(一度に出せる量は1家庭につき袋3個まで)。
収集できるもの
可燃ごみ収集できるもの画像

  • 生ごみ よく水切りしてから出してください。
  • 紙類 リサイクルできないもの(汚れなどがひどいもの)
  • 布類 リサイクルできないもの(汚れなどがひどいもの)
  • プラスチック製の商品(容器包装でないもの)で45リットル袋に入るもの
  • 木くず 太さ5センチメートル以下、長さ50センチメートル以下(1回に45リットル袋1個程度)
  • 皮革製品(金具類はできるだけ取り除く)
  • ビニール類

出し方

  • 収集日の6時30分までに決められた場所に出してください。
  • 透明、白色半透明の45リットル以下のごみ袋に入れて、口を結んで出してください。
  • 新聞紙、雑誌、ダンボール、古布、牛乳パック、アルミ缶は資源となります。地域の集団回収団体へ出してください。
  • カラス、猫対策のためネットをするなどして、工夫して出してください。
  • 多量の木くず、プラスチック製品は、粗大ごみで申し込んでください。
  • 木くず、プラスチック製品が袋1個までは可燃ごみ。
  • 木くず、プラスチック製品が袋2個から5個までは粗大ごみ。
  • 木くず、プラスチック製品が袋6個以上は臨時ごみ。

可燃ごみの出し方画像
ペットボトル・プラスチック製容器包装
ペットボトル、プラスチックごみ分類画像
出し方

  • 45リットル袋以下の透明又は白色半透明の袋にまとめて入れて、いつもごみを出している場所に出してください。
  • ペットボトルとプラスチック製容器包装は、同じ袋に入れて出してください。
  • ペットボトルのふた、ラベルはペットボトル本体とはリサイクル過程が違うので必ずはずしてくださ い(プラスチック製のふた、ラベルは同じ袋に入れ一緒に出してください)。
  • ペットボトルのふたは必ず外してください
  • シャンプーなどのノズルには、金属のばねが入っているため、リサイクルできません。可燃ごみに出してください。

こんな時は、可燃ごみに出してください

  • プラスチック商品そのもの(ペット、プラマークがないもの)
  • 汚れが取れにくいもの(たれが入っていた袋など)

可燃ごみに分類する場合画像
空き缶・空きびん
スチール缶、アルミ缶・食べ物・飲み物のびん・無色透明の化粧品のびんなどが対象です。
空き缶空きびんごみ対象画像
スプレー缶処理画像
出し方

  • 缶やびんは、中を軽く水洗いしてください。
  • 缶やびんは、同じ袋に入れて出してください。
  • スプレー缶は、事故防止のため必ず使い切って、穴を開けて出してください。
  • びんのふたは外して出してください。ふたは材質によって分類してください。
  • プラスチック製のふたはペットボトル及びプラスチック製容器包装へ
  • 金属製のふたは粗大ごみ・不燃ごみへ
  • コルク製のふたは可燃ごみへ

ふたの分類画像
収集できないもの

  • ビールびんや一升びんは販売店に返却してください。
  • 農薬、薬品、塗料などの入っている缶・びんは販売店、処理業者に処理を依頼してください。

びんの返却画像
家庭食用油の廃油回収
食用油画像
家庭から出る廃油(食用植物油)を定期的に回収します。
回収日は、6月・9月・12月・3月の第2火曜日です。


回収場所と回収時間

回収場所

回収時間

グリーンホール田原

13時00分から14時00分

府営清滝住宅

13時00分から14時00分

雁屋公民館

13時00分から14時00分

市役所

14時00分から15時00分

粗大ごみ・不燃ごみ

申し込み方(月1回、5点まで)

粗大ごみ画像

粗大ごみ受付センター電話番号

072-864-1015

  • 粗大ごみ受付センターに電話してください。月曜日から金曜日の9時00分から17時00分(祝日も受付しています)

メモを用意してください。大きな物はおおよそのサイズを確認しておいてください。

  • 電話番号・住所・氏名をお聞きします。
  • ごみを出す場所を確認します。

原則として、可燃ごみを出す場所と同じですが、交通の支障となる場合などは、別の場所を指定することもできます。

  • ごみの品目や数量をお聞きします。
  • 収集日と受付番号をお知らせします。

間違えないようにメモをとってください。

  • 氏名と受付番号を書いた紙を貼って、収集日の7時00分までに出してください。

貼り付ける紙の書き方例画像

聴覚障がい・言語障がいの人は、ファックスでも申し込みができます

粗大ごみ受付センターファックス番号

072-866-5067
ファックス番号、住所、氏名、品目、数量、普段可燃ごみを出している場所を書いて送信してください。受付後、折り返し収集日と受付番号をお知らせするファックスを送信します。
ファックスは、聴覚障がい・言語障がいの人専用です。
月曜日から金曜日の9時00分から17時00分(12月29日から1月3日を除きます)。
受付後、折り返し収集日と受付番号をお知らせするファックスを送信します。

出し方

  • 一度の申し込みで5点まで出すことができます(収集日の指定はできません。また申し込む日によっては、翌月の収集になることもあります)。
  • 小さなものはまとめて袋か箱に入れてください。袋1つ・箱1つを1点と数えます。
  • 長いものはまとめてくくってください。1くくりを1点と数えます。

単品で出す場合

1品が1点です。
粗大ごみ画像

小さいものをまとめて袋に入れる場合

粗大ごみ画像
1袋が1点です。片手で持てる重さ(10キログラム以下)にしてください。45リットル以下の透明か白色半透明の袋を使ってください。破れないようにしてください。

棒状のものを束ねて出す場合

粗大ごみ画像
1束が1点です。長さは2メートル以下にしてください。1.5メートル以下の長さのひもでくくってください。

セットのものはそれぞれが1点と数えます

例 ソファーセットはソファー1つが1点。テーブルセットはテーブルが1点、椅子1脚が1点。鏡台(ドレッサー)は本体が1点、椅子が1点。

出すときの注意

  • 申し込みをされていない品目は収集しませんのでご注意ください。
  • コンロ、ストーブ、湯沸し器などに入っている電池は抜いてください。
  • 石油ストーブなどの灯油は残さないでください。
  • 刃物や割れ物などは紙で包んで、「キケン」と書いてください。
  • 交通の支障とならないように注意してください。
  • ごみ収集車の投入口で破砕できないもの(金属製のロッカー、机や2メートルを超えるはしご、脚立など)は、臨時ごみで処理してください。

引越しごみ・家の片付けなどの臨時ごみ

申し込み後にごみの数量や出す物を変更したいとき

できるだけ早く粗大ごみ受付センターに連絡してください。

収集日にごみを出せなかったとき

申し込みはキャンセルされます。改めて申し込みが必要です。

 

↑ PAGE TOP