京都の三大祭り

TEL:0120-668-203受付:9:00~21:00

京都三大祭り

『古都 京都が誇る三大祭りとは、夏の〈祇園祭り〉春の〈葵祭り〉秋の〈時代祭り〉のことをいいます。』

祇園祭り

1000年以上も前から続く祭りとして厄災・疫病の除去を祈った祇園御霊会が始まりと云われています。祭りの開催期間は長く、7月1日から7月31日まで続きます。
その間は、京都市東山区にある『八阪神社』で様々な神事・行事が1ヶ月間に渡り取り行われます。
『吉符入』
(神事・行事の打ち合わせ)                 7月1日から15日                  京都市各鉾町
『長刀鉾町お千度』
(長刀鉾町のその歳の稚児が禿と共に八阪神社を参拝します)
7月1日                                 八阪神社
『くじ取り式』
(前祭・後祭の山鉾巡行の順番をクジで決めます)
7月2日                                                                                           京都市役所
『長刀鉾稚児舞の披露』
(両手にバチを持ちながら舞を披露します)     
7月5日                        15時15分から                                             八阪神社 

『綾傘鉾稚児社参』
(綾傘鉾の稚児が、神事・行事の無事を祈りま
7月7日                        14時30分                                                   八阪神社
『前祭山鉾建』
(鉾・曳山の組み立て)                         7月7日から14日                 京都市各鉾町 
『お迎え提灯』
(提灯を立て神輿を迎えるために巡行します)
7月10日                       16時30分から20時30分                          京都市中心街
『神輿洗い』
(神輿を清める儀式)
7月10日                        18時30分から20時30分頃                    
『前祭鉾曳き初め』
(それぞれの町内で鉾を曳きます)
7月12日から14日                                                                          京都市各鉾町
『稚児社参』
(騎馬にて稚児が八阪神社にてお位を授かります)
7月13日                         11時から                                                  八阪神社
『久世駒形稚児社参』
(神幸祭・還幸祭に供奉をする久世稚児の社参が行われます。)
7月13日                         14時から                                                八阪神社
『前祭屏風祭』
(京都市の各山鉾町の町屋で、格子を取り外して家宝の屏風や道具を飾ります)
7月14日から16日                                                                         京都市各鉾町
『前祭宵山』
(山鉾の駒形提灯に火が灯ります)
7月14日から16日                                                                         京都市各鉾町
『伝統伝能奉納』
(伝統芸能が奉納されます)
7月15日                          15時から                                                八阪神社
『いけばな展』
(四条通りの名家・名流が各店を花で飾り付けをします)
7月15日から17日                                                                         京都市四条通り
『献茶祭』
7月16日                            9時から                                                八阪神社
『石見神楽の奉納』
(スサノオミコトがヤマタノオロチを退治する様子を神楽器を使い奉納します』
7月16日                             18時30分から                                      八阪神社
『前祭日和神楽』
(古楽器を奏でながら京都市の各鉾町四条寺町の御旅所を往復し、翌日の晴天を祈願します。)
7月16日                                                                                          京都市各鉾町
『前祭山鉾巡行』
(先頭を長刀鉾にして京都の町を23基の鉾が巡行します)
7月17日                               9時から                                              京都市街
『神幸祭・神輿渡御』
(三社神輿の差し上げが行なわれます)
7月17日                               18時から
『後祭山鉾建』
(釘を一本も使わずに後祭山鉾が10基組み立てられます)
7月18日から21日                                                                          京都市各鉾町
『後祭宵山』
(山鉾の駒形提灯に火が灯ります)
7月21日から23日                                                                          京都市各鉾町
『煎茶献茶祭』
(輪番奉仕が煎茶道家元により取り行われます)
7月23日                              9時から                                              八阪神社
『琵琶の奉納』
(琵琶の奉納が琵琶協会の方々により取り行われます)
7月23日                              13時から                                             八阪神社
『後祭山鉾巡行』
(山鉾10基が京都市中心街を巡行します)
7月24日                               9時30分から                                     京都市中心街
『花傘巡行』
(傘鉾・児武者・馬長稚児が石段下を出発して京都市中心街を巡行し、八阪神社に
向かいます。到着後は舞踊などの奉納が取り行われます)
7月24日                               10時から12時頃                                 八阪神社
『還幸祭』
(三基の神輿が京都市中心を巡行し八阪神社に戻ります。御神霊を本殿にお戻しを
します)7月24日                     17時30分から                                    八阪神社
『狂言奉納』
(狂言が奉納されます)
7月25日                                13時から                                            八阪神社
『神輿洗い』
(神輿の一基を松灯で照らし四条大橋まで担ぎ、神輿を清めます)
7月28日                                 18時頃                                               四条大橋
『神事済奉告祭』
(祇園祭りの終了を奉告します)
7月29日                                 16時から                                            八阪神社
『疫神社夏越祭』
(疫神社の鳥居に大芽輪を設けます。参拝者は鳥居を潜り、護符を手にします)
7月31日                                 10時から                                            八阪神社

葵祭

『京都最古の祭りで《下鴨神社》と《上賀茂神社》の例祭で毎年5月15日に行なわれ
ます。祭の歴史は古く平安中期の貴族の間では祭と言うと《賀茂祭(葵祭)』を
指す程に有名であったようです。』
葵祭の最大の見所は《路頭の儀》で総勢500人程が平安貴族の優雅な姿で列をつくり京都御所を出発します。(行列の全てに葵の葉が飾られています)
《葵祭》に先駆けて〈下鴨神社〉と〈上賀茂神社〉では様々な神事・儀式が取り行われます。

『競馬会足汰式』(くらべまえあしぞろえしき)
賀茂競馬の本番を前に組み合わせや馬の優劣を決める儀式です。
京都無形文化財に登録されています。
5月1日13時から上賀茂神社にて行なわれます。
『流鏑馬神事』(やぶさめしんじ)
祭り本番の道中の安全を祈りお祓いを行なう神事です。
公家装束を着用し疾走する馬上から的を射抜きます。
5月3日13時から15時30分から下鴨神社にて行なわれます。
『斎王代禊の儀』(さいおうだいみそぎのぎ)
斎王代と女人列に参列する女性が御手洗池に手を浸し身を清める儀式です。
5月3日10時から毎年、下鴨神社と上賀茂神社の交替で行なわれます。
『歩射神事』(ぶしゃしんじ)
祭り本番の沿道を清める魔除けの神事です。
祭り本番は、京都御所から下鴨神社を通り上賀茂神社を巡行します。
5月5日11時から下鴨神社にて行なわれます。
『賀茂競馬』(かもくらべうま)
舞楽装束を身にまとい競駈を行います。
(京都無形文化財に登録されています)
5月5日10時から上賀茂神社にて行なわれます。(競駈は14時頃行なわれます)
『御陰祭』(みかげまつり)
祭り本番に先駆けて下鴨神社にて神霊を迎える神事です。
5月12日9時30分から下鴨神社にて行なわれます。

『路頭の儀』
王朝行列は、本列と斎王代列に大列され京都御所を10時30分に出発します。
《本列》
乗尻(のりじり)→検非違使志(けびいししのさかん)→検非違使尉(けびいししのじょう)→山城使(やましろつかい)→御幣櫃(ごへいびつ)→内蔵寮史生(くらりょうししょう)→馬寮使(めりょうつかい)→牛車(ぎっしゃ)→御馬(おうま)→
和琴(わごん)→舞人(まいびと)→陪従(べいじゅう)→内蔵使(くらつかい)→
勅使(ちょくし)→牽馬(ひきうま)→風流傘(ふうりゅうがさ)→風流傘(ふうりゅうがさ)
《斎王代列》
命婦(みょうぶ)→女嬬(にょじゅ)→斎王代(さいおうだい)→騎女(むなのりおんな)→蔵人所陪従(くろうどどころべいじゅう)→牛車(ぎっしゃ)→命婦(みょうぶ)
【有料観覧席】
京都市観光協会では、『葵祭』の王朝行列をゆっくりと御覧していただけるように
京都御苑と下鴨神社参道に『有料観覧席』を設置しています。
料金1席 2050円(全席指定・パンフレット付き)

時代祭

『平安神宮が明治28年に創建されたのを機に、京都市民からあげて始められました
山国隊の奏でる笛・太鼓を先頭に総勢2000人を超える行列が各時代に扮し、
明治維新から江戸時代・安土桃山時代・室町時代・吉野時代・鎌倉時代・藤原時
代・延暦を時代絵巻のように大行列します。』
《時代祭》は毎年京都の誕生日である10月22日に取り行われます。
その意思には《ひと目で京都の都の歴史と文化が理解でき、他に真似のできないもの》というものです。
また、祭りに使われる調度品の数は1万2000点にもおよび、祭具・衣装などは、伝統工芸技術を集めて復元された本物です。
《時代祭》に先駆けて平安神宮内で10月15日に《時代祭宣状祭》が行なわれます。
15時からは《時代祭奉祝踊り足固め》が京都市地域女性連合会によって境内で披露されます。
10月21日10時から《時代祭前日祭》が開催されます。
10月22日7時から《時代祭》8時から《神幸祭》10時30分から《行在所祭》が行なわれます。
『行列進歩』
京都御所を出発し平安神宮を目指し行列が巡行を行ないます。
【行列の順番】
《明治維新時代》
『維新勤王隊列』〈平安講社・第八社(京都市中京区・朱雀学区)〉奉仕
山国隊を組織し官軍に参加した装束を身につけています。
『幕末維新志列』
明治維新で貢献した人物が次々と登場します。
桂小五郎・坂本龍馬・高杉晋作・梅田雲飛・近衛忠煕・平野国臣など
《江戸時代》
『徳川城使上洛列』〈平安講社・大六社(京都市下京区・南区)〉奉仕
『江戸時代婦人列』
和宮・大田垣蓮月・玉蘭・出雲の阿国など
《安土桃山時代》
『豊公参朝列』『織田公上洛列』〈平安講社・京都市伏見区〉奉仕
織田信長・羽柴秀吉・丹羽長秀・柴田勝家など
《室町時代》
『室町幕府執政列』『室町洛中風俗列』〈平安講社・京都市右京区・西京区〉奉仕
《吉野時代》
『楠公上洛列』
『中世婦人列』淀君・静御前・大原女・桂女・など
《鎌倉時代》
『城南流鏑馬列』〈平安講社・京都市中京区・下京区〉奉仕
《藤原時代》
『藤原公卿参朝列』〈平安講社・京都市上京区・中京区〉奉仕
『平安時代婦人列』
巴御前・横笛・常盤御前・紫式部・清少納言・小野小町・など
《延暦時代》
『延暦武官参進列』〈平安講社第二社・京都市上京区、北・左京区〉奉仕
『延暦文官参朝列』〈平安講社・京都市北区・上京区〉
『前幸列』
『白川女献花列』
『弓箭組列』
【特別公開】
拾翠亭(茶室)京都御苑内にある五摂家の1つです。

↑ PAGE TOP