京都五山送り火

TEL:0120-668-203受付:9:00~21:00

【京都五山送り火】

『京都の夏の夜空を彩る精霊送り行事、五山送り火は例年8月16日に行なわれます。
五山送り火とは《大文字》《松ヶ崎妙法》《舟形万灯籠》《左大文字》《鳥居形
松明》の文字が松明りで燃え上がり、死者の霊をあの世に送りとどけるとされています』
京都五山送り火の点火の時間はそれぞれ決まっていて20時に《大文字》が点火されると、5分おきに左周りから点火が行なわれます。
また、《妙法》を除く四山では15日と16日に護摩木の受け付けを行なっています。
(各場所300円    無くなり次第終了です)

『大文字』
所在地    京都市左京区浄土寺  大文字山
起源   諸説あり、平安初期や室町中期・江戸初期など欲説も多く様々である。
点火時間  20時      火床数   75基
大きさ   一画80m   二画160m    三画120m
ベストスポット   賀茂川の堤防
護摩木の受け付け場所      銀閣寺門前

『松ヶ崎妙法』
所在地   京都市左京区松ヶ崎     西山《妙》 東山《法》
点火時間20時5分
起源                         《妙》鎌倉末期                       《法》江戸初期
火床数                               103基                                       63基
大きさ                                最長100m                               最長70m
21時頃に涌泉寺にて『題目踊・さし踊』が行なわれます。
ベストスポット       ノートルダム女学院付近                  高野川堤防
護摩木の受け付けはありません。

『舟形万灯籠』
所在地   京都市北区西賀茂   船山
起源   承和14年
点火時間   20時10分
火床数   79基
大きさ   縦130m程     横200m程
送り火終了後には西方寺にて六斎念仏が行なわれます。
ベストスポット    北山大橋から北西
護摩木の受け付け場所     西方寺門前

『左大文字』
所在地   京都市北区大北山    左大文字山
以前には《天》と点火されていたこともあります。
点火時間   20時15分
火床数    53基
大きさ    一画48m   二画68m     三画59m
ベストスポット     西院から金閣寺
護摩木の受け付け場所     金閣寺門前

『鳥居形松明』
所在地    京都市右京区嵯峨鳥居本   曼荼羅山
起源    弘法大師が開眼供養を営んだとともに点火を行なわれたとも伝わっています
点火時間    20時20分
火床数    108基
大きさ    縦76m程     横72m程
ベストスポット     松尾橋・広沢池など
護摩木の受け付け場所   北野念仏寺駐車場

『京都五山送り火オリジナルグッズ』
平成28年度
絵はがき(5枚)200円     手拭い650円     扇子2200円
収益金は、京都五山送り火の継承に役立てられています。

↑ PAGE TOP