お客様のお声

当社にお決めいただいた理由は?

連絡した翌日にすぐ来ていただき丁寧な説明のもと無料見積もりをしてもらいました。

料金についても詳しく説明してもらいました。安心できると思い決めました。

当社のサービスはいかがでしたでしょうか?

とてもありがたかったです。キレイニしていただき本当に感謝しています。

大阪府八尾市でゴミ屋敷の撤去

こんにちは、セントワークスの鬼丸です。

 

本日は大阪府八尾市でゴミ屋敷の撤去作業を行いました。

現場は瓦屋根の民家が建ち並ぶ住宅街で、昭和の雰囲気を持った木造のアパートでした。

3帖程のキッチンと、6帖の和室、風呂トイレ無しという間取りです。

キッチンはかなり片付いていて、奥の和室は服や雑誌などが散乱していましたが、総量は少な目でした。お客様の方で事前にかなり整理されていたようです。

お部屋は1階でしたが廊下が長く、バケツリレーの要領で処分品を運び出していきます。

仕分けする物も少なく、詰めて、溜めて、運び出してと、かなりのペースで作業が進み、予定よりかなり早く作業が終わりました。

しかし、本日はもう一つ作業があり、前回の遺品整理で引き取った処分品が事務所に残っているので、これの処分もしなければなりません。前回の作業がちょうどお盆で処理場がお休みだった為、事務所の倉庫に処分品を仮り置きしていたのでした。処理場への持ち込みは営業時間内でないといけないので、急いで事務所に戻り、資材や資源ゴミ、家電品などをトラックから降ろし、空いたスペースに倉庫の処分品を積み込みます。

その後なんとか時間内に処分品を降ろす事が出来、倉庫の片付けと次の現場の準備を行い本日の作業は終了しました。

今日はとにかく暑い一日でした…早く家に帰ってキンキンに冷えたチューハイを一気飲みするのが今から楽しみです!

大阪市旭区でゴミ屋敷の撤去作業

こんにちは、セントワークスの鬼丸です。

 

本日は大阪市旭区でゴミ屋敷の撤去作業を行いました。曇り気味でやや涼しく、作業のしやすい天候でした。

現場は住宅街のかなり奥まった場所に建つマンションで、間取りは2LDKです。各部屋に満遍なくゴミが積もっていて、広さのせいもあってパッと見はそんなに多く感じませんが、実際はかなりの量がありました。

 

今回はパッカー車が現場まで直接きてくれるのですが、午前中に別の現場を終わらせてからの合流なので到着は昼過ぎになります。

まずは全員で仕分けと梱包を行い、マンションの前のスペースに処分品を溜めていきます。パッカー車が到着するまでにどれだけゴミを降ろせるかが勝負です!

 

合間合間に出てくるパッカー車に入れられない大型家具類などは並行して自社トラックに積み込み、なんとかパッカー車到着の頃にはほとんどの処分品を降ろす事が出来ました。

続いて家電品類、鉄製品、資源ゴミ等を自社トラックに積み込み、本日のゴミ屋敷の撤去作業は15時で終了しました。

予定より早く終了したので、事務所に戻った後、スプレー缶の穴開け作業や、現場で仕分けしきれなかった処分品の仕分けなどを行いました。

 

本日は竹澤主任がお昼にお弁当とコーヒーを買ってきて下さいました。最近暑さのせいで日中は水分ばかりでまともなご飯は夜だけ、となりがちだったので非常にありがたかったです(しかも竹澤主任が唐揚げを1つ分けてくれました!)。

神戸市須磨区でゴミ屋敷

こんにちは、セントワークスの鬼丸です。

 

本日は神戸市須磨区でゴミ屋敷の撤去作業を行いました。

現場はやや寂れた感じの商店街の脇に建つ単身者向けのワンルームマンションです。

玄関から廊下部分にかけてはケース買いしたお酒の空き箱が沢山積み上げられ、洗面所にはその空き缶が袋詰めされた状態で詰め込まれていました。お客様はかなりお酒が好きな方の様で、ディスカウントショップ並の様々な種類のビールやチューハイが詰め込まれていました。

部屋内もかなり散らかってはいましたが、何故か空き缶だけはきっちり全て袋詰めされた状態でした笑

まずは出来ているゴミ袋を全て搬出し、本棚やコタツなどの家具類を撤去します。部屋内にスペースが出来たら梱包と搬出を並行して行います。

本日のゴミ屋敷は3階からの階段作業でしたが、トラックをベタ付け出来ていたのでかなり早いペースで作業が進み、お昼前には全ての撤去が終了しました。

帰り道、上陸間近だった大型台風の影響で高速が通行止めになっており、下道も渋滞や通行止めが多く、事務所まで戻るのに来た時の倍の時間が掛かってしまいました。

しかし、今回の台風は各地の被害もかなり酷かったので、台風がピークになる前に帰ってこれただけでもラッキーだったかも知れません…

大阪府高槻市での、ゴミ屋敷の撤去作業

こんにちは、セントワークスの鬼丸です。

 

本日は大阪府高槻市での、ゴミ屋敷の撤去作業でした。

現場は幹線道路から一筋入った場所に建ち並ぶURマンションで、10階からのエレベーター作業でした。

お部屋に入った瞬間、あれ、意外と片付いてる?と思ったのですが、実は奥の一室がゴミ置き場と化していたのでした。

家具や家電品はそのままで、との事で、実際に引き取る処分品は割と少ないのですが、6畳のお部屋の天井近くまでゴミ袋が詰め込まれていました。

まずは出来ているゴミ袋をトラックのコンテナ前に貯めていき、後降ろしになる鉄製品や資源ゴミを仕分け・梱包して前に積み込みます。

最終的な総物量はコンテナの7割程で、ゴミ屋敷としては少ない方でしたが、エレベーター作業の為思いのほか時間が掛かってしまいました。。

処理場は営業時間が決まっている為、当日中に降ろせないと次の現場に影響してしまうので大変です。普段は昼休憩の際、近くの定食屋やファミレスなどで昼食をご馳走になりますが、本日は時間が押している為コンビニでおにぎりを買い、食べながら処理場へ向かいました。

おかげでギリギリ間に合い処分品を降ろす事が出来ました。危ない所でした…

阪府八尾市でゴミ屋敷の撤去

こんにちは、セントワークスの鬼丸です。

 

本日は大阪府八尾市でゴミ屋敷の撤去作業を行いました。

現場はワンルームタイプのマンションで、入口からベランダまで、膝~腰の高さ程にゴミが積み上がっていました。

今回の現場で印象的だったのは大量のピザの箱です。

コレクションしてるのかと思うくらい色々なピザ屋さんの箱が大量に出てきました。

これらは資源ゴミになるので潰してダンボールに詰めていくのですが、最終的にピザの箱だけでダンボール15箱以上になりました。

床付近の週刊誌の日付けからざっくり計算すると、週に2~3枚は食べてる計算に…。

ゴミ屋敷での作業では今回の様に『同じ物』が大量に出る事が良くあります。

食べ物や飲み物だけでなく、大量の服であったり、部屋を埋め尽くさんばかりのビデオテープであったりと様々ですが、ゴミ屋敷を作ってしまう人は好きな物が偏ってしまう傾向があるのでしょうか??

大阪市阿倍野区でゴミ屋敷の撤去

こんにちは、セントワークスの鬼丸です。

 

本日は大阪市阿倍野区でゴミ屋敷の撤去作業を行いました。台風の影響で若干雲行きが怪しいものの、風が涼しくて作業しやすい日でした。

現場はでんでんタウンから少し外れた路地に建つ単身者向けのワンルームマンションです。

玄関を開けると廊下部部には大量のゴミ袋が積み上がっていて、四つん這いになりながら袋の山を越えて行かないと奥の部屋に辿り着けない様な状態でした。

竹澤主任曰く、見積もりの時はこんなにゴミ袋は無かったとの事で、見積もり以降にお客様自身で大分片付けを行った様です。

今回もパッカー車が現場に来てくれるので、まずは出来ているゴミ袋を搬出しマンションの前に溜めていきます。

次に用意していたクリアケースを使い、雑多ゴミを放り込み、これもマンションの前に溜めておきます。廊下がクリアになったら奥の部屋の運び出しです。

小休憩を挟みながら仕分け、梱包、運び出しを繰り返し、あらかた部屋内が片付いてきた所でパッカー車が到着しました。

優先的にクリアケースを開けてもらい、バケツリレーの要領で残ったゴミを運び出し、並行して仕分けしておいた鉄類や家電品をトラックに積んでいきます。

最後に資源ゴミを降ろすと同時にパッカー車の方も積み込み完了でした。

今回の現場は壁紙などが余り汚れていなかった為、フローリングを軽く清掃しただけで数時間前までゴミ屋敷だったとは思えない程綺麗になり、最終確認に来られたお客様からも『プロの方にお願いして正解でした』と言って頂けました。

 

本日も予定より早く作業が終わったので、資材の買い出しと事務所の整理を行いました。

買い出しついでに竹澤主任イチオシの『旅する氷結』シリーズも購入し、現在冷蔵庫にて冷やし中です!

明日からの楽しみがまた一つ増えました!

気温上昇

 

先日、吹田市内でゴミ屋敷の撤去作業を行いました。連日猛暑で35度前後をキープしています。

階段作業は少ないものの部屋から出て積み込みを開始すると全身からの汗が水滴になって流れていきます。

会社からも塩飴やスポードリンクを前もって出発前に準備して頂いてるので非常に助かります。

毎年前年を上回る気温で遺品整理、ゴミ屋敷の現場に行く前に自身でも飲み物を4リットル程度用意するのですが、足りなくなるのが事実です。

 

越智

大阪市生野区でゴミ屋敷の撤去

こんにちは、セントワークスの鬼丸です。

本日は大阪市生野区でゴミ屋敷の撤去作業を行いました。

幹線道路から少し外れた住宅街にあるアパートで間取りは1Kほど。部屋の境い目を中心にゴミが山を形成していました。

キッチンにはコンビニ弁当の容器やペットボトルなどが詰められたゴミ袋が多く、奥の部屋は衣類や雑誌類、小型家電などが積み重なる様になっており、部屋の隅には畳半分程のスペースに座イスと小型テレビが置いてありました。お客様は長らくこの部分で生活していたのだろうなというのが伺え、床近くに埋まっていた漫画週刊誌の日付けから少なくとも3年分は溜め込んだのだと分かります。

 

本日の作業はゴミ屋敷の撤去とは別に荷物の配達もあり事前にお客様が詰めていたダンボールと家電品類は専用の資材で梱包し、現場から15分程の距離にあるご新居にお届けしました。

 

…ご新居の壁際には既に十数冊の雑誌が積み上がっていました。。。

大阪市鶴見区でゴミ屋敷の撤去作業

こんにちは、セントワークスの鬼丸です。

 

本日は大阪市鶴見区でゴミ屋敷の撤去作業を行いました。

間取りは1DKで、膝上くらいまでのゴミ袋が一面に広がり積み上がっていました。

驚いたのは処分品が結構キッチリ分別されていた事です。大体の現場では食べ物や飲み物の容器、衣類、雑誌、家電などなど、何でもかんでも一緒くたにされ、絡まり合ってる事が多いのですが、、、

ゴミ出しだけが億劫だったのでしょうか。

パッと見の量は多く見えましたが、積み込みしていくと結構袋が圧縮され、トラック3分の2程の量で収まりました。

その後、その日出た処分品を処理場に持ち込み、事務所に戻ったのが午後3時過ぎ。

ここからは、以前、ゴミ屋敷から引き上げた処分品の内、仕分け出来ていなかった物がいくつかあり、その仕分け作業をしました。

本日は竹澤さんと高田と私の3人作業だったので、竹澤さんが仕分け、私が整理、高田が水物の処理とスプレー缶のガス抜き、と分担して作業しました。

作業場では扇風機×3台がフル稼働していましたが、それでも汗が吹き出て止まりませんでした。

ほとんど動いてないのに気づいたらパンツまで汗だくでした、、、