ゴミ屋敷に思う事

気温上がらず

先日、吹田市内にてゴミ屋敷の現場を行いました。

3回階段ベタ付けで、部屋のゴミの量はひざくらいの高さでした。

2トンロング1車ちょうど分ぐらいです。かなり走っていたのですが、1時間、2時間経っても風が冷たく気温が上がらず体が1日動きが悪かったように思います。

現場自体もそんなに重たくなかったのであっという間に終了しました。

遺品整理よりもゴミ屋敷の方が手数が多く、無駄な動きを極力無くし効率よく作業する事がとても大切です。

越智

真っ白な…

先日、大阪市西区にてゴミ屋敷の現場を行いました。

間取りは1LDで2トンロング2車分。

ピストン作業でした。普段は私がトラックに乗りピストン作業することが多いのですが、梱包が追いつかないということで私が残り梱包にまわりました。

何年住まれていたかわかりませんが、家具をずらすと埃がふちに2センチくらい積もっていました。

ふと太陽のさす窓際を見ると塵と言うべきか粉と言うべきかわかりませんが、真っ白になっていました。

改めて思うとゴミ屋敷の現場はなかなかすごい環境で仕事をしているなと思いました。

作業中にそんな事を考えてたら仕事になりませんが…

越智

ゴミ屋敷の清掃に気温差はきびしい

先日、川西市にてゴミ屋敷の現場を行いました。二階戸建ての一部の撤去作業で約4トン1車の作業でした。

戸建てになるとほぼベタ付けで作業が出来、引き取るものがものすごいスピードで出てきます。

天気も良く昼ごろには20度近くまで気温も上がりました。

しかし、2日後には半袖では作業できない程度まで気温が下がり、朝は真冬並みの服装でした。

やはり、シーズンの変わり目は暑くなったり寒くなったりゴミ屋敷の現場を行うには、どちらでも作業出来る服装が必要だと感じました。

越智

雨…

先日、大阪市東住吉区でゴミ屋敷の現場を行いました。物量は4トン車2台分で2日工程でした。

毎回、2日工程でも1日でほとんどを終わらせるというのがいつものパターンです。

2日目は最終確認や掃除などで意外と時間を取るからです。

今回は久々の雨での作業。最初の1時間程度作業し休憩入る時位に雨がぽつぽつ降り始め強くなったり弱くなったりの繰り返しでした。

部屋からトラック迄の距離はあまりありませんでしたが、やはり濡れるのは嫌なので屋根のない区間は基本的にダッシュです。

いくら、ゴミ屋敷とはいえ物を濡らすのも自分が濡れるのも嫌です。

晴れの日に比べると神経を使う作業になります。

どんな条件でも効率よく無駄なく動く為には状況判断が瞬時に必要になります。

日々、そのような考えを持って行動しないとロスを生んでしまうことに。
ベテランになっても、尽きることのないテーマだと改めて感じる雨の日でした。

越智

そういえば…

先日、枚方市内でゴミ部屋・ゴミ屋敷の現場を行いました。平屋のベタ付けで家財は置いておき、中身と不用品の引き取りです。

4トントラック1車分で五人作業でした。

午前中には8割程度は終わり、昼食中に久しぶりに現場をしている後輩から、私と現場が一緒の時は雨が降らないと言われました。

天気予報は雨でも、意外にはずれているとのことでした。

私自身も最近で記憶にあるのは去年の猛烈な台風の時位です。

その日も実は午前中に作業が終了していた為まともに雨は受けてないのですが。

ゴミ屋敷、遺品整理どちらも雨が降るとかなり作業がやりにくくなり多少効率が悪くなる様に思います。

スムーズに作業する為にはやはり天気が良いのが一番です。

越智

別次元…

先日、大阪市中央区でゴミ屋敷の撤去作業を行いました。

ワンルームマンションで2トントラック1車分でした。

玄関開けるとすぐに膝くらいの高さがベランダ側の窓まで続いてる感じです。

玄関から少し入り天井に異変を感じて上を見るとアニメのキャラクターが天井一面に広がっていました。

もちろん壁にも。独特の雰囲気があり、不要物を片付けていてもフィギュアが何体も出てきて可哀想に思えてきました。

その時に欲しいと思って購入しているはずなのに結果いらなくなってしまって放置。

売れば物によれば何万円になるのかもしれないのに。

不要物はほぼ圧縮されていませんでしたので、午前中で作業終了です。

新年幸先良いスタートを切ってます!ゴミ屋敷と呼べる程でもないような気はしますが…

越智

大阪市都島区でゴミ屋敷

こんにちは、セントワークスの鬼丸です。

 

本日は大阪市都島区でゴミ屋敷の撤去作業を行いました。

現場は二階建ての長屋造りで、一階は茶の間とキッチン、洗面所。二階は和室が二部屋とシンプルな造りです。

一階は少し散らかっている程度で、70リットルのゴミ袋で10袋程しか処分品はありませんでした。お二階はかなり散らかっていて、衣類や雑誌、ジュースのペットボトル、空き缶などなど、入り交じり積み重なっていました。

とにかく仕分けと梱包と運び出しを行い導線を作ります。雑誌等の資源ゴミは梱包して空いたスペースに溜めておき、最後にまとめて搬出しました。

およそ三時間程で今回のゴミ屋敷も見違える様にスッキリ片付き、お客様にも大変喜んで頂けました。

リフレッシュ

 

部下の越知と篠山市で猪鍋を食べに行きました。

普段は、2人同時に休むことは困難なのですが会社に以前から頼んでいました。

やはり、長い道中は仕事の話しなります。

越知からは、遺品整理やゴミ屋敷の手順を聞かれながら2時間のドライブでした。

11月中旬となり篠山市の山岳地帯は、見事な紅葉でした。

湯船は少し熱めででしたが頑張って入浴しました。

早めの食事(部屋食)を頼み、猪鍋や・ヤマメの炭火焼き・自家製のコンニャク、豆腐等で酒を喰らいます。

全ての料理が絶賛の美々でした。

酒のあてはそれだけではありません。

やはり仕事の話しになります。

越知からは、私がどのように遺品整理やゴミ屋敷をイチから対応していての自身のスキルアップの質問がたえません。

私も彼に答え、熱く語ります。

気が付けば、深夜2時。

そろそろ寝よか。

 

リフレッシュ出来ました。

竹澤

平野区でゴミ屋敷の撤去

こんにちは、セントワークスの鬼丸です。

 

本日は大阪市平野区でゴミ屋敷の撤去作業を行いました。

ワンルームタイプのマンションで3階からのエレベーター作業です。

生活ゴミは割と少なく、着なくなった衣類や使わなくなった雑貨品などが捨てられなくて溜まってしまって、という感じのお部屋でした。

本日の現場では、なぜか部屋の至る所にジュースのペットボトルに入った『お水』が置いてありました。お水以外にも、 ハンドソープやクレンジングオイル(?)の様な物も詰め替えられていました。

我々が処分品を持ち込む業者は水分のある物はご法度な為、中身を抜かないといけません。お客様に要る物、要らない物を仕分けして頂いている間に、ペットボトルなどの水抜きを行いました。

最後にソファーとセンターテーブルを搬出して作業終了です。

今回のゴミ屋敷の住人様は、昔から部屋の片付けが苦手な様で…、数ヶ月数年後には再び同じようにゴミ屋敷を作ってしまう予感がしました。。

まさかの…

先日、大阪市天王寺区でゴミ屋敷の全撤去作業を行いました。

ワンルームマンションなのに、約4トン車1車分のゴミ。

かなり踏み固められており、スコップや自分の足のキックではどうにもなりません。

すると、一緒に作業をしていた上司が1メートル位のバールを私にパスしてくれました。

これを使えば作業は捗ると思い前もって準備していたそうです。

経験もあると思いますが、下調べや準備は大切だと痛感しました。

今後、ゴミ屋敷の撤去作業を行うときは、営業に聞いたりして作戦をしっかり練っていこうと改めて思う1日でした。

越智