ペットを飼うという事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、セントワークスの鬼丸です。

 

本日は大阪府河内長野市でゴミ屋敷の撤去作業を行いました。

現場は閑静な住宅街にある一軒家で、外から見る限りではとても綺麗なお家でした。

しかし中に入ってみると、まずは強烈なアンモニア臭。1階のリビング、キッチンが荒れ放題になっていて、お客様はここで犬や猫などを複数匹放し飼い状態にしていたのでした。

糞尿を直接踏まないように床には新聞紙が敷き詰めてありましたが、既に大分染みてしまっていました。。

まずは窓を全開にし、換気をします。

しばらくすると充満していた臭いも薄れ…たのか、鼻が麻痺したのか。ともかく作業が出来る状態にはなったので導線の邪魔になるテーブルやソファーなどを運び出します。まだ若干湿ってるけど気にしてられません。

導線が空いたら小物の仕分けと梱包を行い、溜まったらまとめて運び出します。

使える家財は既にお客様がお二階に避難させていて、撤去する家財の総量が少な目だったのが救いです笑

今回のゴミ屋敷で印象的だったのは、ペットケージが大量にあった事です。大きな物だと整理ダンスくらいのサイズの二階建てのケージなどもありました。これらが大小合わせて8個あり、最低でも8匹のペットを飼っていた事が分かります。ですが、この有様では衛生的にはあまり良い状態では無かったのだと思います。

『ペットを飼う』という事は、ただ可愛がるだけではいけないのだと、しみじみ感じました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*