ゴミ屋敷清掃時の役割分担

先日、大阪市北区にてゴミ屋敷の不用品処分を行いました。

お客様の家は静かな住宅街にありマンションの3階のワンルームでした。エレベータは無く階段作業で衣装ケースを用いてバケツリレー方式でゴミを搬出していきました。階段作業のため、4人で作業を進めていきました。

 

今回のお客様のご依頼は、部屋(ごみ屋敷)にある全ての荷物を不用品処分して欲しいとの事でした。荷物総量はゴミ回収車1台分で、衣類や紙、電化製品ほかにCDとMDがとても多くありました。CDとMDが箱一杯に入っていてダンボールの底が抜けそうな物も数多かったです。私には分かりませんが、なにかのコレクションだったのかと思います。雑誌や書物も一人暮らしの生活スペースに対して多かっです。競馬関係の雑誌が大半で趣味の物だったのでしょう。

 

今回のような4人以上の場合、部屋内でゴミを分別する係員と、そのサポートをする者と玄関近くで梱包する者と階段を上り下りし部屋とトラックを往復しゴミを搬出する者と、それぞれが役割を持ち、各々が素早く作業をする事で現場の仕事が終わります。

 

 

高田

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*