h1テキスト入力場所です。titleタグの次に重要なので念入りに考えてワードを盛り込みましょう。

TEL:0120-668-203受付:9:00~21:00

ゴミ部屋・ゴミ屋敷を作り悩んでいる方

部屋の中が『不用物』(食べ物の容器・ペットボトル・牛乳パック・衣類・雑誌・雑貨・汚物)で溢れ返り、もはや1人ではどうすることも出来ない人の中には[精神疾患]や[発達障害]等の可能性があります。
このような人に対して無理に片付けを強要しても逆効果の場合があります。

『セルフネグレクト(自己放任)』

自分で自分の管理が出来ない例えば、飲食・体調管理・衛生の保持など生活に必要な行為が出来ないため、ゴミ部屋、ゴミ屋敷化し健康が脅かされる状態です。 
まずは、現状を理解し自覚することが何よりも重要です。 
ただ、セルフネグレクトは、自分ひとりで改善することは非常に困難です。 
自分の心の孤独さや辛さを振り返り、まずは周囲への相談、そして自分の生活のケアを行っていくようにしましょう。

『注意欠如多動性障害(ADHD)』

この症状は、周りに理解されにくく不注意(集中力がない)、多動性(じっとしていられない)、衝動性(考えずに行動してしまう)の3つの症状がみられる発達障害のことです。 年齢や発達に不釣り合いな行動が社会的な活動や学業に支障をきたすことがある障害です。自分だけで抱え込まず、周りの人たちの協力を得ながら身近な専門機関の相談窓口を利用するのがおすすめです。

『アスペルガー症候群』

1度に複数のことが出来ません。
1つずつゴミの片付けのやり方を一緒になって行いながら手順を組んであげましょう。
相手のペースも配慮して根気良く対応してあげてください。
また、出した物はしまう・捨てる、脱いだ物は直す ・揃える等の基本的なことを1から根気強く教えてあげてください。

『ホーディング』

家の中に大量の物品を収集することが止められず、結果的にゴミ屋敷・ゴミ部屋となってしまう状態です。これは強迫性障害と呼ばれるものの一種で、何かに不安を感じ大量に物品を購入してしまうのです。まずは家族や周りの人たちの理解が必要です。一方的に物品を処分したりせず、信頼関係を十分に作り片付けをしていくことが重要です。

 

↑ PAGE TOP