大阪府泉南市でのゴミ屋敷ゴミ部屋清掃はセントワークス

TEL:0120-668-203受付:9:00~21:00

泉南市の遺品整理はセントワークスにお任せください。

セントワークスは大阪を中心に近畿一円でゴミ屋敷ゴミ部屋清掃を行う専門の業者です。

泉南市のホームページ

泉南市のゴミの出し方

市指定ごみ袋と粗大ごみ処理券
泉南市では、2008年4月から、可燃ごみ、不燃ごみについては、市が指定する袋(有料)に入れて出していただき、粗大ごみについては処理券(有料)を貼付して申込いただくなど、収集を有料化しております。ご協力よろしくお願いいたします。
指定ごみ袋・粗大ごみ処理券
(写真)家庭系可燃ごみ指定袋
家庭系可燃ごみ指定袋

  • 45リットル袋 1セット(10枚入り) 450円
  • 30リットル袋 1セット(10枚入り) 300円
  • 20リットル袋 1セット(10枚入り) 200円
  • 10リットル袋 1セット(10枚入り) 100円

(写真)家庭系不燃ごみ指定袋

  • 45リットル袋 1枚 500円
  • 20リットル袋 1枚 250円

(写真)粗大ごみ処理券
粗大ごみ処理券

  • 1枚 500円

可熱ゴミ

可燃ごみはおおむね週2回程度、有料で収集しています。その分別方法と、収集への出し方について説明します。
分別の方法
次のものは可燃ごみとなります。可燃ごみの一覧は下記をご覧ください。

  • 生ごみ、枯葉、カバン・靴、ボール、紙くず、シュレッダーで処理した紙類−濡れているものは、よく水切りしましょう。
  • タバコの吸殻−必ず消火を確認してください
  • ふとんや毛布、カーペット類
  • 紙おむつ、動物用トイレの砂
  • 剪定した庭木の枝
  • 適切なサイズにまで解体された木製家具
  • リサイクルマークがついていないプラスチック製品

出し方
市指定袋に入れて出してください。
ごみを出すときは、指定袋にごみを入れて上部をくくり、中身がこぼれないようしましょう。

  • 生ごみなど、濡れたものは、よく水をきってください
  • 紙おむつ、動物用トイレの砂の場合、汚物や糞等はとりのぞいてから出してください(汚物はトイレなどで処理しましょう)
  • 竹串など先のとがったもの−先をつぶすなどして、危険が無いようにしてから捨てましょう
  • 食用油の廃油は可燃ごみとして出していただけます。この場合、新聞紙や布等にしみこませて出してください。液状のままで出される場合は不燃ごみとなります
  • ふとんや毛布、カーペット等は折りたたんで指定袋に入れてください。指定袋に入りきらない大きさのものは、たたんで紐などでしばり、45リットルの指定袋をくくりつけて出してください(この場合ふとん1枚1束につき指定袋1枚を付けてください)
  •  剪定した庭木の枝や解体した木製家具など、燃える材質のものは、長さ1メートル以内に切り、紐などで高さ30センチメートル程度、横30センチメートル程度の束状にしばったうえで、45リットル袋をくくりつけてだしてください

ごみを出されるときのご注意!

  • すべてのごみは、収集日当日の8時30分までに決められた集積所へ分別して出してください
  • 収集日以外は絶対に出さないでください。出す前にもう一度収集日の確認をしましょう。祝祭日のある月は、ごみ収集日を振り替えていますので、お間違えの無いように。収集日程カレンダーは下記から確認できます

動物(カラス・犬・猫)対策は?

  • 見える餌を隠す
    被害をなくすには、まず餌となる生ごみを減らすことが第一です!
  • ダンボール箱等を利用する
    本来段ボール箱は紙ごみですが、段ボール箱の中に市指定袋を入れて出していただいても結構です。その際、すぐに段ボール箱の中身を確認できるようにし、テープ等でフタを閉めることはしないでください。(段ボール箱も同時に収集します)
  • 動物除けネットの利用
    ごみを出す際、動物除けのためネットで覆うようにして出してください。

http://www.city.sennan.lg.jp/ikkrwebBrowse/material/image/group/14/kanen%20dasikata%20doubutuyoke.png
不燃ごみの出し方
不燃ごみは電話で申し込みいただいたうえで、有料で随時収集しています。ご利用は、おおむね月2回、5品目以内(2週間に1回程度)でお願いします。
ここではその分別方法と、収集の申し込み方法、出し方について説明します。
分別の方法
次のものは不燃ごみとなります。

  • なべ類、フライパンやヤカン、電子レンジ、オーディオ類、植木鉢(陶器)、油・オイルのカン・ビン、金属製おもちゃ、食用油の廃油(液状の場合)
  • 刃物、割れたガラスなど−新聞紙に包むなどして危険の無いようにしましょう
  • 蛍光灯、乾電池類−電気店やホームセンターなどでも引き取っていただけることがあります
  • 乾電池や使い捨てライター

収集の申し込み方法

  • 粗大ごみ受付センターに電話してください
    ・電話番号 072−483−1132
    ・受付時間 平日の9時から16時まで
  • 電話申し込みの際、住所、お名前、連絡先をおうかがいします
  • 不燃ごみの品目と個数をおうかがいします
  • 収集の受付番号、収集予定日、収集手数料をお知らせします
  • 不燃ごみ指定袋をご購入ください
  • 指定袋に不燃ごみを入れ、収集予定日の8時30分までに出してください
    ・不燃ごみ指定袋には必ず「受付番号」と「収集日」を記入してください

聴覚障害、言語障害のあるかたはファクスでの申し込みも可能です(受付センターファックス番号072-483-5848)
個人情報について
不燃ごみ・粗大ごみの受付でお聞きする情報につきましては、泉南市個人情報保護条例に基づき、慎重かつ適正に取り扱い、ごみの収集及び統計の目的以外に利用しません。
出し方
市指定不燃ごみ袋(45リットル又は20リットル)に入れて出してください。出すときは、ごみを入れて袋上部をくくった状態で出してください。 なお、必ず指定袋には「受付番号」と「収集日」を記入してください。

  • 袋に入る限り、何種類、何点入れていただいてもかまいません(1袋で1品目と数えます)
  • カセットボンベやスプレー缶は、中身を使い切り、穴を開けガスを抜いて出してください
  • 石油ストーブ等は、灯油・電池を抜き取ってから出しましょう
  • プリンターのインクカートリッジなどはできる限り電気店や販売店等の回収ボックスを利用してください
  • オイル缶や塗料缶などは中身が入ったものは収集できませんので、中身を使い切るか適正に処分し、空の状態で出してください
  • 食用油の廃油は、倒れても割れず、こぼれない容器に入れて出してください
  • 傘や蛍光灯については、指定袋の上部をくくって、はみ出した状態で出されてもかまいません

ごみを出されるときのご注意!

  • すべてのごみは、収集日当日の8時30分までに決まられた集積所へ分別して出してください
  • 指定袋への記載事項を忘れないようにしましょう

指定された収集日以外は絶対に出さないでください。出す前にもう一度収集日の確認をしましょうプラスチック製容器包装はおおむね週に1回、無料で収集しています。分別の方法、出し方は次のとおりです
分別の方法
プラスチック製容器包装は次のように分別しましょう

  • 弁当の容器
  • ペットボトルの蓋やラベル
  • 納豆等の容器
  • 卵のパック
  • ビニール製包装紙
  • 発泡スチロール(ネット状のものも含む)
  • 果物ネット等
  • レトルトパック
  • チューブ類
  • シャンプーや洗剤の容器

出し方

  • 容器に食べ残しや汚れがあれば取り除き、残り水などで洗って乾かしてから、透明又は半透明の袋に入れて出しましょう
  • チューブ類は中身を使い切ったうえで半分に切り、残り水などで中を洗ったり、ふき取るなどしてから出しましょう
  • リサイクルマークがついていても、容器の中が洗えないものは、可燃ごみとして出してください

大きな発泡スチロールなどは、砕いたうえで透明又は半透明の袋に入れてだしてください資源ごみ(ペットボトル)の分別と出し方

ペットボトル
ペットボトルはおおむね月2回程度、無料で収集しています。分別の方法、出し方は次のとおりです。
分別の方法
ペットボトルは次のように分別しましょう

  • お茶、ジュース、酒類、しょうゆやソースなどのペットボトル容器

ペットボトルのキャップやラベルはプラスチック製容器包装として分別してください
ペットボトルのキャップとラベル
出し方

  • ペットボトルは、残り水などで洗って乾かし、つぶして減容してから透明又は半透明の袋に入れて出しましょう
  • リサイクルマークがついていても、容器の中が洗えないものは、可燃ごみとして分別してください

ペットボトルの出し方
資源ごみ(古着・衣類)の分別と出し方
古着は、おおむね2ヶ月に1回無料で収集します。分別の方法、出し方は次のとおりです。
古着
分別の方法
シャツ、セーター、ズボン、和服などの衣類
再利用(リユース)に不向きなため、衣類であっても頭、腰、手、足につけるものは、可燃ごみとして週の2回目に出してください。
収集できない物

  • 汚れ、穴あき、破れがひどいものや濡れたもの
  • 小物類(ぬいぐるみ・帽子・手袋・ベルト・かばんなど)
  • 寝具類(ふとん・まくら・マットなど)
  • 内装品(カーテン・じゅうたん・カーペット・座布団など)

収集できない布製品
出し方
再利用(リユース)を目的として分別収集を行いますので、洗濯したものやタンスにしまえる状態のものに限り透明・半透明の袋に入れて出してください。
雨天の場合、濡れると再利用(リユース)が困難なりますので、必ず袋の口を縛り出していただきますよう、ご協力お願いいたします。
古着の出し方
資源ごみ(紙類)の分別と出し方
資源ごみである、新聞・雑誌、ダンボールやその他紙製容器包装類は、おおむね週1回程度、無料で収集しています。
分別の方法
次のものは、資源ごみ(紙類)となります。

  • 段ボール
  • 新聞・雑誌
  • 紙パック
  • 紙箱
  • 紙袋・包装紙類

感熱紙、カーボン紙、ノンカーボン紙、シュレッダーごみなどは、可燃ごみとして出してください。
出し方
飛散防止のため、紙袋にいれてまとめたり、紐でしっかりしばって出しましょう(ビニール製の袋には入れないでください)。
雨天の場合、紙類は濡れると再資源化が困難になりますので、可能な限り次回晴天時に出していただきますよう、ご協力お願いいたします。

  • 紙パック類は切り開いて軽く中を水洗いし乾かしてから出しましょう
  • 必ず紙以外の不純物(プラ製の取っ手やビニール、金属製不純物など)を取り除きましょう
  • 箱類はつぶして重ね、ヒモなどでしばっておきましょう

↑ PAGE TOP