羽曳野市でのゴミ部屋ゴミ屋敷清掃はセントワークス

TEL:0120-668-203受付:9:00~21:00

羽曳野市のゴミ部屋ゴミ屋敷清掃はセントワークスにお任せください。

セントワークスは大阪を中心に近畿一円でゴミ部屋ゴミ屋敷清掃を行う専門の業者です。

羽曳野市のホームページ

羽曳野市のゴミの出し方

今、世界規模で循環型社会構築に向け動き出しています。
羽曳野市でも、ごみの減量対策や再資源化を進めるためさまざまな取り組みを行っています。

分別方法

区  分

分 別 の 仕 方

もえるごみ
(毎週2回)

・調理クズ・生ごみ・タバコの吸い殻・ゴム皮革製品
・紙類・ビデオテープ・ふとん(ひもでくくる)・乾電池
・プラスチック製品(50㎝以内のもの)
・袋に入れた植木ごみ(2袋まで)等

もえないごみ
(2ヶ月に1回偶数月)

・家電製品(エアコン・冷蔵庫・洗濯機・テレビ・パソコンは除く)
・セトモノ類・ガラス(新聞紙等にくるんで)・蛍光灯
・自転車・ポット・ミシン・アイロン・やかん・なべ
・食用空き缶・飲料用以外のカン、ビン類
・座椅子(骨組みが鉄アルミ等)・お茶碗等

もえる大きなごみ
(2ヶ月に1回奇数月)

・木、布、プラスチック製品の大きなもの・タンス
・絨毯・ホットカーペット・応接セット・机・椅子
・ポリタンク・クーラーボックス・衣装ケース
・50cm以上のプラスチック製品
・木製ベッド(スプリングマットは除く)等

資源ごみ
(毎月1回)

・飲料用あきカン、あきビン、食用あきビン
・スプレーカン(必ず穴をあけたもの)・割れたビン等
注意事項:ビンのフタは必ず取ってください。
中身を出して水洗いしてください。

自己搬入


10kgあたり

150円

開業日

平日:月曜日~金曜日(祝日及び年末年始を除く)
詳しくは環境衛生課へお問い合わせください。

搬入時間

9:00~16:00
ゴミを車に積み、必ず2名乗車で環境衛生課へ申請してください。

収集できないもの

・ペンキ・建築廃材・レンガ・ブロック・瓦・洗面台
・プロパン・灯油等危険物・ピアノ・金庫・バイク
・タイヤ・バッテリー・注射器・薬品・消火器・土砂
等これらのものを処分するには、専門の処理業者又は購入元へ依頼してください。

家電リサイクル法に
伴い収集できないもの

エアコン・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・テレビ・パソコン
対処方法
●買い換えの場合は新しい商品を購入した家電小売店で引き取ってもらってください。(有料)
●廃棄のみの場合は購入元の家電小売店で引き取ってもらってください。(有料)
●転入等で購入元の家電小売店が遠方の方、もしくは購入元の家電小売店が移転等で
無い場合は市役所環境衛生課にお問い合わせください。(有料)

透明ごみ袋の使用のお願い

無色透明ごみ袋につきましては、ごみの減量化と再資源化を図ると同時に、作業の安全性確保、収集作業時に誤って混入された危険物(スプレー缶や携帯ガスボンベ等)による収集車・クリーンセンター場内の爆発火災事故が再三発生しています。このような事故や収集作業員のけが等を未然に回避するには透明ごみ袋の使用が必要であると考えています。

なお、無色透明袋以外で排出されたものについては、収集いたしませんのでご注意ください。また、他人に見られて困るもの等については、外から見えないように紙袋等に入れるなどし、無色透明ごみ袋に入れていただいても結構です。

一世帯2袋(45リットル)まででお願いします。家電・パソコンリサイクルについて

最終更新日 2011年03月31日
家電リサイクル
家電リサイクル法が平成13年4月1日から施行(平成21年4月1日改正)されました。

ご家庭でご不要になった家電製品でテレビ、冷蔵庫・冷凍庫、エアコン、洗濯機、
衣類乾燥機はごみとして処理ができなくなりました。
不要になった家電製品はリサイクルに出してください。

※リサイクルの仕方

1.購入された家電販売店に引取を依頼してください。
2.買い換えの場合、新しく購入した電気店に依頼してください。
3.購入された電気店が遠方や、わからない場合は次の方法で処理をお願いします。

↑ PAGE TOP