奈良県斑鳩町での遺品整理、ゴミ屋敷ゴミ部屋清掃 はセントワークス

TEL:0120-668-203受付:9:00~21:00

奈良県斑鳩町の遺品整理、ゴミ屋敷ゴミ部屋清掃はセントワークスにお任せください。

セントワークスは大阪を中心に近畿一円でゴミ屋敷ゴミ部屋清掃を行う専門の業者です。

斑鳩町のゴミの出し方

指定のゴミ袋でお出しください


可燃ごみ指定袋(3種類)

大(45リットル)

1枚 45円

中(30リットル)

1枚 30円

小(20リットル)

1枚 20円

不燃ごみの指定袋(2種類)

大(45リットル相当)

1枚 65円

中(30リットル相当)

1枚 40円

枝葉・草類の指定袋(1種類)

45リットル

1枚 20円

可燃ごみ 週2回収集

生ごみ
・残飯、卵の殻、貝殻など
※生ごみ分別収集を実施しています。生ごみは、家庭で自家処理するか、生ごみ分別収集にご協力ください。
・衛生用品
ちり紙、紙おむつなど
※乳幼児や介護が必要で常時紙おむつ類を使用される人に対し、「紙おむつ類専用ごみ袋」を無料で交付しています。
・木製品
鉛筆、定規(木製)、しゃもじ(木製)、割りばし、つまようじなど小型の木製品


出し方

町指定可燃ごみ袋(オレンジ色の字)に入れて、氏名を記入して出す。
※指定袋は町公共施設(役場・公民館等)、町内の指定ごみ袋交付協力店で10枚入1セットで販売しています。

出すときに注意!

  • 生ごみは水分をよく切ってください。
  • 指定ごみ袋の中を新聞紙でおおわないでください。新聞紙も大切な資源です。古紙回収に出しましょう。
  • 紙おむつは汚物を取り除いてください。(汚物はトイレに流しましょう)
  • 机、戸棚など、加工された大型の木製品は、町指定袋に入れば不燃ごみ、入らなければ粗大ごみとして出してください。

枝葉・草類 週1回収集

斑鳩町では、枝葉・草類は、焼却処理をせず、たい肥化しています。なお、家具等を解体した加工された木材には塗料やワックスがついており、たい肥化処理ができません。加工された木材は不燃ごみ袋に入れて(袋に入らない場合は粗大ごみ)出してください。

  • 庭木などを剪定した木の枝・葉
  • 雑草、落ち葉、彼は、枯れた生け花など

出し方

町指定枝葉・草類用袋(茶色の字)に入れて、氏名を記入して出す。
※枝葉・草類が大量に出た場合は、ごみ積替え施設(斑鳩町最終処分場内)へそのまま持ち込むこともできます。この場合は、指定袋に入れる必要はなく、そのまま持ち込んでいただけます。(10kg40円の処理手数料が必要です)


出すときに注意!

木の枝は指定袋に入る長さに切ってください。
草類は土を落としてください。

生ごみ(モデル収集)週2回収集

斑鳩町では、可燃ごみ減量や、資源の有効利用のため、生ごみを分別収集し、枝葉・草類と混ぜ合わせ、たい肥化する「生ごみ分別収集モデル事業」を実施しています。
今後、モデル地区を順次拡大し、町内全域で実施していく予定です。


出し方

台所から出る生ごみの水分を十分に切ります。
水切りバケツなどで収集日まで保管します。バケツは町から無料で配布しています。
収集場所の生ごみ収集専用容器に生ごみだけを投入します。


不燃ごみ 月1回収集

・金属類
鍋、フライパン、指定袋に入る小型家電(小型家電リサイクル対象品目、家電4品目、パソコンを除く)
・木製品(割りばしなどの小型のものを除く)
まないた、すりこぎ、積み木、家具の解体等で出た加工木材
・皮・ゴム・布類
靴、カバン、資源物にならない衣類など
・その他
使い捨てカイロ、乾燥剤、保冷剤、植木鉢、花瓶、電球など


出し方

町指定不燃ごみ袋(黒色の字)に入れて、氏名を記入して出す。
指定不燃ごみ袋は町公共施設(役場・公民館等)、町内の指定ごみ袋交付協力店で10枚1セットで販売しています。


出すときに注意!
  • 刃物や替え刃などの鋭利なものや、割れたガラス等は厚紙に包んでください。その際に、厚紙に「危険」と書いてください。
  • 家具などを解体する場合は、必ず不燃ごみ袋に入る大きさにしてください。入らなければ粗大ごみとして出してください。
  • 布団や汚れた布など資源物にならない布類は、不燃ごみとして出してください。布団も町指定袋に入れば不燃ごみとして出せます。

※食器(陶器・ガラス製)は「くりかえし使ってくれて ありがとうき(陶器)市」の陶器回収へ


有害・危険なごみ 年4~5回(指定日)
  • スプレー缶、カートリッジガス缶
  • 蛍光管
  • 乾電池類
  • ライター
  • 水銀式体温計、温度計など

出し方

  • 中身がわかるように透明もしくは半透明(自由)の袋に入れ、ひもをかけるか口をしばって出してください。
  • 種類ごとに分けて出してください。

出すときに注意!

  • スプレー缶やカートリッジガス缶は、完全に使い終わった後、必ず穴をあけてガス抜きをしてください。
  • 蛍光管、水銀式体温計など割れやすいものは紙に包んでください。
  • 蛍光管は、できるだけ買ったときに入っていた箱や筒に入れてください。
  • 乾電池類は、できるだけ電気店等の回収箱をご利用ください。

粗大ごみ 電話予約による軒先収集(有料)

粗大ごみは、町指定袋に入らない大型の不燃ごみです。
粗大ごみは電話予約による軒先収集、もしくは、衛生処理場への持ち込みのいずれかの方法で出してください。


出し方
  • 粗大ごみ処理予約事務所に電話またはFAXで予約します。その際、希望の収集日時と出したい粗大ごみの品目や個数を伝えてください。
  • 予約日時に、各自で玄関先(門前)に粗大ごみを出してください。

↑ PAGE TOP