兵庫県尼崎市での遺品整理、ゴミ部屋ゴミ屋敷の清掃はセントワークス

TEL:0120-668-203受付:9:00~21:00

尼崎市の遺品整理、ゴミ部屋ゴミ屋敷の清掃はセントワークスにお任せください。

セントワークスは大阪を中心に近畿一円でゴミ部屋ゴミ屋敷の清掃を行う専門の業者です。

尼崎市のゴミの出し方

家庭ごみ指定袋
尼崎市では、ごみの分別を徹底するなどの目的で家庭ごみを市が指定した袋で出していただく「指定袋制度」を導入しています。

導入の目的
  • 中身の見える袋に統一して、分別の徹底を図る
  • ごみ減量・リサイクルのシンボルと位置づけ、その促進を図る
  • 家庭系ごみと事業系ごみの区分の明確化を図る
  • 収集・処理作業中の事故防止

指定袋の仕様

  • 低密度ポリエチレン
  • 緑色
  • 45リットル、30リットル、10リットルの3種類

指定袋で出していただくごみ

  • 燃やすごみ
  • びん・缶・ペットボトル
  • 衣類
  • 金属製小型ごみのうち危険なもの

 指定袋以外は収集しませんので、ご協力をお願いします。
指定袋はお近くのスーパー、コンビニ、日用品店、薬局などでご購入してください。なお、指定袋の販売価格は袋代のみで、ごみ処理費などの上乗せはしていません。
燃やすごみ
台所ごみ、紙くず、ゴム、皮革類、せともの類、プラスチック類などの家庭の生活ごみは、「週2回」で、月・木曜日地区と火・金曜日地区と水・土曜日地区に分けて収集しています。 
  燃やすごみは尼崎市指定袋に入れて収集日の当日朝8時までに出してください。生ごみや人目にふれられたくないものに限って、必要最小限ポリ袋などに入れてから、指定袋に入れて出してもらってもかまいません。また、生ごみは、あとひとしぼりの水切りをお願いします。 
  牛乳パックやトレイなどは拠点回収や市内のスーパーなどの回収ボックスでリサイクルしましょう。 


ごみの種類

台所ごみ、紙くず、ゴム、皮革類、せともの類、プラスチック類 など


収集日

 月・木曜日地区と火・金曜日地区と水・土曜日地区に分けて収集しています。
詳しくは各地区の家庭ごみの収集カレンダーを確認ください。 
 


出し方

 尼崎市指定袋に入れて出してください。

びん・缶・ペットボトル、金属製小型ごみ、紙類・衣類、大型ごみに区分されない家庭の生活ごみが「燃やすごみ」の対象です。 

つめ切りなど20センチ未満の金属製品は燃やすごみに入れてください。 

焼き鳥の串など先のとがったものは、先を折るか、お菓子の空袋などにくるんでください。 
びん・缶・ペットボトル
ごみの減量、再資源化を図るためにびん、缶、ペットボトルは資源物として週1回地区ごとに曜日を決めて収集しています。尼崎市指定袋にまとめて入れて収集日の当日朝8時までに出してください。


ごみの種類
  • びん (飲料・酒・調味料・食品が入っていたもの)
  • 缶 (飲料・酒・調味料・食品が入っていたもの)
  • ペットボトル (飲料、酒、みりん、しょうゆが入っていたもの) 

 いずれも飲料用・食品用など、中身を口にすることができるものが対象です。
ペットボトルリサイクルマーク
左のマークのあるボトルが対象です。


まちがいやすいもの
  • 化粧品、農薬のびん 
          金属製小型ごみの日に「危険なもの」として出してください
  • 直径等が20センチメートル以上の缶 (ミルク缶(大)程度はびん・缶・ペットボトル) 
    金属製小型ごみの日に出してください
  • スプレー缶・カセットボンベ・塗料缶・オイル缶 
        金属製小型ごみの日に「危険なもの」として出してください

プラスチックのリサイクルマーク
左のマークのあるものは「燃やすごみ」の日に出してください


収集日

 週1回収集します。各地区の収集曜日は「家庭ごみ収集カレンダー」をご覧ください。


出し方

  はずせるキャップとラベルを取り除き、中を洗って、直接尼崎市指定袋に入れてください。 
キャップとラベルは「燃やすごみ」に出してください。 
ドリンク剤・アルミボトル缶・佃煮のびんなどの金属製のふたも「燃やすごみ」に出してください。 

紙類・衣類

 紙コップ、銀紙、感熱紙など特殊な加工がされているもの以外の、多くの紙類は再資源化が可能です。また、まだ十分着ることのできる衣類は、輸出されて外国で再使用されます。こうした紙類・衣類のリサイクルを推進するため、週1回、地区ごとに曜日を決めて収集しています。 
また、地域の資源集団回収運動で紙類・衣類を回収している場合は、そちらのほうもご利用ください。

ごみの種類

<紙類>

 新聞・ダンボール・その他紙類の3つに分けて出してください。
その他紙類とは、新聞・ダンボール以外のリサイクル可能な紙のことを言います。
・雑誌(付録のCD・DVDは取り除く)、カタログ、パンフレット
・包装紙、紙袋
・紙箱(食品や日用品が入っていた箱など)、ティッシュペーパーの箱(ビニール部分は取り除く)
・教科書、ノート、コピー用紙、メモ用紙
・カレンダー(留め金具は取り除く)、ポスター
・折り紙、封筒(ビニール部分は取り除く)、はがき、名刺、手紙
・紙芯(トイレットペーパーやラップの芯)、衣類の型紙、紙製の洋服タグ
・シュレッダーされた紙
その他紙類の分別方法を紹介したチラシを作成しました。下記よりダウンロードしてお使いください。

<衣類>

 そのままで着用可能な状態の衣類 を出してください。汚れのひどいものや破れているものなど着用できないものは「燃やすごみ」に出してください。
また、地域の資源集団回収運動で布ぎれを回収している場合は、そちらのほうもご利用ください。

まちがいやすいもの

<紙類> 

 リサイクルできない紙 

 次のものはリサイクルできません。品質の低下や機械の故障など、リサイクルの妨げになりますので、「燃やすごみ」に出してください。
・紙コップや紙皿などの防水加工された紙(紙パックは除く)
・捺染紙(アイロンプリント紙など)、感熱性発泡紙(点字などに使用される、熱を加えたところが盛り上がる紙)
・カーボン紙(複写伝票)、感熱紙(レシートなど)
・プラスチック加工やビニールコーティングされた紙
・食品の汚れや臭いが付着した紙(油が染み込んだ紙、石鹸や洗剤、線香の箱など)
・圧着はがき、親展はがき
・油紙、写真、金銀など箔押しされた紙
・シール、シール台紙
・ティッシュ、ウェットティッシュ

牛乳パックなどの紙パック 

  「公民館、地区会館などの公共施設、スーパーなどの回収ボックス」や 「地域の資源集団回収」に出してください。

<衣類>

ぬいぐるみ(50cm以下)・タオル・布ぎれ

  「燃やすごみ」に出してください 。

ふとん・じゅうたん

  「大型ごみ」として家庭ごみ案内ダイヤル(6374-9999)に申し込んでください 。

収集日

 週1回収集しています。各地区の収集日は「家庭ごみ収集カレンダー」をご確認ください。 

 

出し方

<紙類>

  新聞・ダンボール・その他紙類の種類ごとに十字にしばってください。
小さな紙箱などは紙袋に入れてひもでくくってもかまいません。 
 

<衣類>

 指定袋に入れ口をしっかり結んでください。 
ぬれると再使用できませんので、雨の日は次回以降に出してください。
 ボタンやファスナーなどは取らないでください。 
破れたもの、汚れたままのもの、ぬれたままのものは燃やすごみに出してください。 

金属製小型ごみ

 資源リサイクルセンターで破砕して金属などを回収する金属製の小型ごみ及び収集時に事故やけがなど危険を伴う「危険なもの」を月1回同時に回収します。

ごみの種類

<金属製小型ごみ>

大きさが20センチ以上50センチ以下のもの 
トースター、炊飯ジャー、湯沸しポット、アイロンなどの家電製品類 
なべ、フライパン、ステンレスボトル、鉄アレイなどの金属製の家庭用品類 
直径などが20センチ以上のクッキー缶 
ブロック・レンガなど 

<危険なもの>

刃物類(包丁・ハサミ・針・きりなど) 
ガラス類(割れたびん・化粧びん・蛍光管・コップ・電球など) 
スプレー缶・カセットボンベ・塗料缶・オイル缶 

まちがいやすいもの

20センチ未満の飲料・食品缶

 「びん・缶・ペットボトル」 に出してください

金属を含む20センチ未満のもの

  「燃やすごみ」に出してください 

収集日

 月1回収集。各地区の収集日は家庭ごみ収集カレンダーをご覧ください。 

出し方

<金属製小型ごみ>

金属製小型ごみは、尼崎市指定袋に入れないで「小型ごみ」と書いたメモをはって出してください。

<危険なもの>

危険なものは、必ず尼崎市指定袋に入れてください。 
割れたガラス・刃物類は厚紙などにくるみ尼崎市指定袋に入れ「キケン」と書いたメモをはって出してください。 
蛍光管はできるだけ元のケースに入れるか新聞でくるんで尼崎市指定袋に入れ「キケン」と書いたメモをはって出してください。 
スプレー缶・エアゾール缶・カセットボンベは中身を使いきり、戸外の火の気のないところで穴をあけて尼崎市指定袋に入れ「キケン」と書いたメモをはって出してください。 
塗料缶・オイル缶は中身を使い切って、尼崎市指定袋に入れ「キケン」と書いたメモをはって出してください。

出すときに注意していただきたいごみ

スプレー缶・カセットボンベ・ライターの出し方について

スプレー缶のイラスト
スプレー缶・カセットボンベ・ライター等に代表される可燃性のガスを使用しているものを捨てる場合は、必ずガスを抜いてから捨てるようにしてください。(詳しくは、関連情報のリンク先を参照してください。)
ガスを抜かないまま捨てると、ごみの収集車両の火災の原因となる場合があり、大変危険です。

刃物類などの危険なものの出し方について

危険物の捨て方は、布等で包んで、「キケン」と書いた袋に入れて出しましょうの図
刃物類・ガラス類などの鋭利なごみは、そのまま出すと、収集作業員や選別作業員のけがの原因となります。
鋭利なものは布などにくるんで、指定袋にいれ「キケン」とメモを張って出すようにしてください。

注射器や注射針は、市のごみの日に捨てることはできません

注射器のイラスト
注射器や注射針は、鋭利なため収集作業員や選別作業員のけがの原因になる事に加え、病気の種類によっては、感染症を引き起こす可能性があります。
感染性のある医療機器や、鋭利な医療機器は、市では収集しません。それらの交付を受けた医療機関や薬局へ返却するようにしてください。

↑ PAGE TOP