兵庫県明石市での遺品整理、ゴミ部屋ゴミ屋敷の清掃はセントワークス

TEL:0120-668-203受付:9:00~21:00

明石市の遺品整理、ゴミ部屋ゴミ屋敷の清掃はセントワークスにお任せください。

セントワークスは大阪を中心に近畿一円でゴミ部屋ゴミ屋敷の清掃を行う専門の業者です。

明石市のゴミの出し方

燃やせるごみの出し方

収集曜日は週2回 毎週月・木曜日、または毎週火・金曜日のどちらかです。
お住まいの地域の収集曜日を確認して出してください。 


燃やせるごみの種類  

項目

内容

台所ごみ

料理くず、卵のから、貝がらなど

プラスチック製品

歯ブラシ・歯みがきチューブ、CD、MD、DVD、ビデオテープ、
容器(ソース・食用油・シャンプー・マヨネーズ・洗剤・バターなど)、
発泡スチロール、ラップ、卵のパック、菓子袋、食品トレイ、スポンジ、
プラスチック製のおもちゃなど

皮革製品

革ぐつ、かばん、グローブ、ベルトなど

ゴム製品

ゴムひも、運動ぐつ、ゴムぞうり、長ぐつなど

その他

座布団、まくら、ぬいぐるみなど

注意事項

  • 新聞紙(ちらし)、雑誌・雑がみ、段ボール、紙パック、布類は地域の集団回収へ、
  • 白色食品トレイはスーパーの回収BOXへ
  • 灰(練炭、線香など)は水を含ませて少量ずつスーパーなどの小さな袋へ入れ、燃やせるごみの袋にまぜて(重くならないように)出してください。
  • 犬、ねこなどのペットの汚物はトイレに流すか下水道管の宅地内ますに流してください。
  • 草や木の枝は束ねるか袋に入れて、少量ずつ(2~3袋)出してください。
  • プランターなどで使用済みの土は再利用するようにお願いします。ごみとして出す場合は、「灰」と同じ方法で出してください。

ごみ出しのマナー

  • 竹串やトゲのある草木は折って新聞紙に包むなどして「危険」と書いてから出してください。
  • 台所ごみは水気をよく切ってから出してください。
  • 紙おむつは汚物を取り除いてから出してください。
  • 食用油拠点回収を行っています。燃やせるごみとして出す場合は、廃油処理剤で固めるか、お酒のパックなどに新聞紙や布を詰めて、食用油を染み込ませるなどしてから出してください。なお、食用油を排水口に流すと下水道管の詰まりや悪臭、下水処理の妨げの原因になりますので適性な処理をしてください。

      →正しく守られていないと…
中身が飛び散り、汚水、油、汚物などを頭からかぶったり、通行人や車にかかることがあります。
また、バイクや自転車が通行する際にスリップし、交通事故の原因となります。


燃やせないごみの出し方

収集曜日は月2回
東部地域/毎月1,3回目の曜日
西部地域/毎月2,4回目の曜日です。
お住まいの収集地域を確認して出してください。

燃やせないごみの種類

項目

内容

陶器・ガラス類

茶わん、ガラスコップ、化粧品のびん、医薬品のびん、電球、蛍光灯、
断熱ガラスの製品、鏡などの板ガラス類

金属類

なべ、やかん、はさみ、スプーン、カミソリ、ペンチなどの工具類、
カセットボンベ、スプレー缶、一斗缶、ペンキの容器、アルミ箔、傘など

小型家電製品

ラジカセ、ラジオ、ドライヤー、電気スタンド、トースター、電気カミソリ、
炊飯器、ポット、アイロンなど

その他

筒型乾電池、体温計など

注意事項

  • 包丁・カミソリ・カッターナイフの刃、割れたガラスなどは、新聞紙などで包み、『危険』と書いてから出してください。
  • 注射針などは、危険ですので絶対に出さないでください。受診されている医療機関で適切に処分してもらってください。
  • ペンキの容器は燃やせないごみに。中身は、古紙などに染み込ませて取り除き、燃やせるごみに出してください。
  • 45リットル入りのポリ袋に入る大きさのものだけを出してください。

ごみ出しのマナー

  • スプレー缶・カセットボンベは、必ず、使い切ってから、火気のない屋外の換気のよいところで穴を開けてから燃やせないごみの日に、『ボンベ、キケン』と書いた袋に入れて出してください。また、ごみステーションでは他のごみと分けて置いてください。
  • 使い捨てライターは、使い切ってから燃やせるごみの日に出してください。

資源ごみの出し方

収集曜日は月2~3回
東部地域/毎月2,4,5回目の曜日
西部地域/毎月1,3,5回目の曜日です。
お住まいの収集地域を確認して出してください 

資源ごみの種類

項目

内容

空き缶

飲料用、食品用の缶
(ジュース、ビール、缶詰、お菓子、食用油、ドッグフードなどの飲食物用の缶)
※空き缶は1リットル缶(例:赤ちゃんの粉ミルク缶)程度の大きさまでのものを出してください。

ペットボトルpetmark

(ペットマーク)が表示されているペットボトルのみを出してください。
(飲料用、しょうゆ、みりん、酒類などのペットボトル)

          

空きびん

飲料用、食品用のびん
(ジュース、ドリンク剤、食用油などの飲食用のびん。ただし生きびん「リターナブルびん」は、販売店へ返してください。)
※生きびん「リターナブルびん」とは、酒、ビール、一升びん、しょうゆ、牛乳びんなどのように洗浄して繰り返し使用できるびんのことです。

注意事項

資源ごみを出すときは

1.キャップとラベルを外す。
プラスチックのキャップとラベルは、燃やせるごみに、金属のキャップは燃やせないごみに。キャップが付いたままだとリサイクルする際に支障をきたします。
2.中を軽く洗う。
中身が残っているとリサイクルをする処理の段階で汚れが付いて品質が落ちる原因となります。
3.飲食用の空き缶・空きびんとペットボトルを出してください。
できるだけ透明の袋に入れて出してください。ペットボトルを出す際は、つぶさずに原型のままで出してください。
気をつけましょう

資源ごみによく間違えられるもの

※化粧品・医薬品などの飲食用以外のびん、整髪・殺虫剤などのスプレー缶、カセットボンベ、蛍光灯、電球、ガラス類
→燃やせないごみに出してください。
※シャンプー・洗剤のボトル、食用油・ソースのボトル
→燃やせるごみに出してください。

     petmark ペットボトルマークがついていないプラスチックボトルは、燃やせるごみの日に!

 紙類・布類の出し方

新聞紙、雑誌・雑がみ、段ボール、紙パック、布類は「紙類・布類」として分別収集し、リサイクルします。
紙類・布類の「新聞紙」、「雑誌・雑がみ」、「段ボール」、「紙パック」、「布類」はごみではなく大切な資源です。燃やせるごみの中にはまだまだ新聞や雑誌・雑がみ等が混入して出されています。紙類は、きちんと分別すれば、「ごみ」ではなく「資源」としてリサイクルされます。紙類の分別により、ごみの減量化・再資源化にご協力をお願いします。

収集日(お住まいの地域によって、第1、第2、第3、第4の各土曜日となります)

収集は、月1回です。普段、燃やせないごみ・資源ごみを出しているごみ置き場に5種類(新聞紙、雑誌・雑がみ、段ボール、紙パック、布類)に分けて、当日の朝8時までに出してください。

  • 明石川東地域が毎月1回目の土曜日
  • 明石川西地域が毎月2回目の土曜日
  • 大久保地域が毎月3回目の土曜日
  • 魚住・二見地域が毎月4回目の土曜日

紙類・布類収集日

雨天時でも通常どおり収集します。

  • 紙類は雨で濡れてもリサイクルできるためポリ袋などに入れなくても大丈夫です。
  • 布類は濡れたり汚れたりするとリサイクルできないのでポリ袋に入れてください。

紙類の出し方

紙類は、きちんと分別すれば、「ごみ」ではなく大切な「資源」です。「雑誌・雑がみ」の分別にご協力をお願いします。新聞紙、雑誌・雑がみ、段ボール、紙パックは、種類ごとにひもでしっかりしばって出してください。

新聞紙

新聞紙と新聞紙の折込ちらし新聞紙は、一緒にひもで十字にしばって出してください。
燃やせるごみへ
油の染みた新聞紙や汚れた新聞紙などは、燃やせるごみの日に出してください。
気を付けましょう
新聞紙を束ねる時は、ご自身が運びやすいように5kg程度の束にして、ひもでしっかりしばって出してください。

雑誌・雑がみ

「雑がみ」とは、新聞紙・雑誌・ダンボール・紙パック以外で、不要となったリサイクルできる紙全般のことです。雑誌・雑がみ
例えば、ノート、教科書、週刊誌、月刊誌、書籍、パンフレット、通販の雑誌などやボール紙【お菓子の箱、くつ箱、ティッシュの箱、アルミホイル・ラップの箱(刃は外してください。)など。】(詳しくは下段、関連リンクの「雑がみとして出せるもの」をご覧ください)
燃やせるごみへ
ビニールコート紙、写真、感熱紙、裏カーボン紙、ノーカーボン紙(領収書などの複写用のもの)、紙コップなどのワックス加工品、クリアファイルは、燃やせるごみの日に出してください。
気を付けましょう
雑誌・雑がみを束ねるときは、ご自身が運びやすいように5kg程度の束にして、ひもでしっかりしばって出してください。(または紙袋に入れ、くちをしばってお出しください)

段ボール

例えば、みかん箱、家電製品の箱など段ボール
燃やせるごみへ
油の染みた段ボール(肉の入っていたものなど)や汚れた段ボールなどは、燃やせるごみの日に出してください。
気を付けましょう
ガムテープ、ビニール、金属などの異物を取り除き、平たくたたんでひもでしばってから出してください。


紙パック

例えば、牛乳、ジュースなどの飲料用の紙パック(内側の白いもの)紙パック
燃やせるごみへ
紙コップなどの内側がアルミコーティングされているものや色のついているものは、燃やせるごみの日に出してください。
気を付けましょう
よく洗って、切り開いて、乾かしてから出してください。濡れたままですとカビが生えてリサイクルできません。

布類の出し方

「布類」とは、古着、下着、シーツ、タオル、カーテン、毛布などです。布類
燃やせるごみへ
じゅうたん、ストッキング、くつ下、衣類になっていない毛糸、糸、ぬいぐるみ・布団などの綿の入ったもの、布の切れ端、雨合羽・ビニール製の衣類・カーテンなどのビニール製品は、燃やせるごみの日に出してください。
気を付けましょう
洗ってから乾かしてポリ袋に入れて出してください。汚れたもの、破れたものはリサイクルできません。

↑ PAGE TOP