大阪市東成区でゴミ屋敷

こんにちは、セントワークスの鬼丸です。

 

今回の現場は大阪市東成区にあるゴミ屋敷の撤去作業でした。

閑静な住宅街にある、一見すると周りの家と変わりない二階建ての戸建住宅でした。

玄関を開けると腰くらいまで積み上がったゴミ袋。

最初は自分で片付けようとしたものの、量が多過ぎて手に負えないと判断し今回のご依頼を決めたの事です。

今回は自社トラックに加えてゴミ収集のパッカー車も呼んでいる為、パッカー車が到着するまでとにかくゴミを掻き出す、まとめる、を繰り返し、所々出てくる燃えないゴミなどは分けて梱包しておきます。

パッカー車が来るまでには大半のゴミをまとめる事が出来たので、私ともう一人のスタッフは並行して大型家具や大型家電、燃えないゴミなどを運び出していきます。これらはパッカー車には載せられない為、自社トラックに積み込みます。

今回のゴミ屋敷の撤去は二日工程になっていて、二階部分の作業は後日となります。

最後に、お客様が一階が片付いたのを見て『プロに頼んで正解だったわ』と言って頂けました!

こんな風に言われると、次も頑張ろう!とモチベーションが上がりますね!

大阪市城東区のゴミ屋敷の撤去

こんにちは、セントワークスの鬼丸です。

 

今回の現場は大阪市東成区にあるゴミ屋敷の撤去作業でした。

閑静な住宅街にある、一見すると周りの家と変わりない二階建ての戸建住宅でした。

玄関を開けると腰くらいまで積み上がったゴミ袋。

最初は自分で片付けようとしたものの、量が多過ぎて手に負えないと判断し今回のご依頼を決めたの事です。

今回は自社トラックに加えてゴミ収集のパッカー車も呼んでいる為、パッカー車が到着するまでとにかくゴミを掻き出す、まとめる、を繰り返し、所々出てくる燃えないゴミなどは分けて梱包しておきます。

パッカー車が来るまでには大半のゴミをまとめる事が出来たので、私ともう一人のスタッフは並行して大型家具や大型家電、燃えないゴミなどを運び出していきます。これらはパッカー車には載せられない為、自社トラックに積み込みます。

今回のゴミ屋敷の撤去は二日工程になっていて、二階部分の作業は後日となります。

最後に、お客様が一階が片付いたのを見て『プロに頼んで正解だったわ』と言って頂けました!

こんな風に言われると、次も頑張ろう!とモチベーションが上がりますね!

大阪市淀川区のゴミ部屋

こんにちは、セントワークスの鬼丸です!

 

今回の現場は大阪市淀川区にあるワンルームマンションでのゴミ処分でした。

ゴミ屋敷と化した部屋の全撤去になります。

ご依頼人はここの住人で既に必要なものはご実家に運ばれた後との事なので、今回は仕分けが少し楽でした。

 

まずは廊下部分のゴミを取り除き導線を作ります。

次に部屋の片隅を床が見える様になるまで片付けていきます。

更にそのスペースをある程度広げたらそこに後から積み込む資源ゴミなどを貯めていきます。

 

トラックの積み卸しは先に積んだ物が後から出てくる為、積み込む順序を失敗すると荷降ろしがスムーズにいかなくなります。

 

処分品はある程度卸す順序が決まっている為、特に今回の様なゴミ屋敷での作業は何よりこのストックスペースの確保が非常に大事だと感じました。

乾燥した糞のなかのゴミ屋敷作業

先日、大阪府豊中市の二階建ての家でゴミ屋敷の撤去作業を行いました。

ゴミの高さは膝下くらいです。

このお客様はブリーダーをつい最近までしていたらしく、家中乾いた糞だらけです。スコップを使い作業をするのですが、糞が粉のように部屋を待ってます。

濃霧の中作業をしているみたいでした。

今まで作業中にマスクをした事はありませんが、さすがにこの現場ではマスクをしました。

休憩の時、外でマスクを取るとほぼ茶色です。鼻をかむと鼻水も茶色です。マスクなしを考えるとゾッとします。

ゴミ屋敷というより、糞屋敷。初の経験でまた1つレベルアップしました。

 

越智

大阪市都島区でのゴミ屋敷撤去作業

こんにちは、セントワークスの鬼丸です。

 

本日の現場は大阪市都島区にて、市営団地の一室がゴミ屋敷と化している為撤去して欲しいというご依頼です。

玄関を開けるとまずは膝丈くらいの高さまで積もった無数のコンビニ袋たち。奥に進むと、同じくコンビニ弁当の袋や雑誌、ペットボトルやビールの空き缶などが入り混じり山を形成していました。

まずは導線の確保として通路部のゴミを掻き出していきます。雑誌などの資源ゴミやスプレー缶、燃えないゴミなどを小まめに拾いながらひたすら蹴り出していき、ある程度袋詰めが出来たらまとめてトラックに運びます。

奥の部屋に畳一畳分くらいのスペースがぽっかり空いており、この場所が寝床だったのだとすぐ分かりました。ゴミ屋敷あるあるですが、こういう部分を見ると、ふと住人さんの生活を想像してしまい、なんとも言えない気持ちになります。。

 

大きな家具などはそのまま残しておくという事なので、おそらくご依頼人の方は引き続きこの部屋に住まわれるのだと思います。

冬場で乾燥しているということもあり、臭いも割と少なく、ゴミもさくさく詰める事が出来た為昼過ぎには作業終了。

最近行ったゴミ屋敷の中では割と小規模な現場でしたが…。

最後に挨拶する際、ご依頼人の男性が『もしかしたらまたお願いするかもしれない』的な事を言っていたのが印象に残っています。。

ゴミ屋敷 ビフォアアフター

大阪市浪速区でゴミ屋敷の撤去作業を行いました。

現場はマンションの一階のワンルームマンションです。

玄関の扉を開けると、私の胸程に積もった様々な不用物。

その中には牛乳パック・缶・ペットボトルに尿が大量に詰め込まれていました。

この部屋からの撤去物は43立法メートル。4トンパッカー車と2トンロングトラックでの作業。スタッフは6名で朝9時より14時30分で完了。

作業終了後は皆、尿まみれでした。

今回は、ゴミ屋敷の中でも特殊現場に当たる為に通常の撤去料金の1,5倍の見積りとなっていました。

割引を入れて450000円です。

作業前

 

ゴミ搬出後

ゴミ屋敷の清掃(バクダン)

皆さんこんにちは、セントワークスの鬼丸です。

 

今回の現場は少し遠征して、明石市の ゴミ屋敷 の撤去作業でした。

 

作業開始前、竹澤さんに

『今日の現場はな、”バクダン”があるんや…』

と言われ、少しドキッとしました。

バクダン とはいわゆる”汚物系”の物を指す隠語みたいな物で、ちなみに今回のバクダンはペットボトルに溜めた オシッコ でした。

まあ、それくらいならこの仕事をしているとちょくちょくある話です。

ゴミが捨てられず家の中に溜まり、トイレもふさがれて…というパターン。

ゴミ屋敷あるあるですね。

 

しかし問題はその中身ではなく

 

 

いや、多すぎでしょ! と。

間取り1DKの部屋に積み上げられた夥しい数の2リットルペットボトル!

200や300なんてもんじゃなかったですね。

それに加えて弁当の空箱や雑誌などが入り混じって層を作っていました。

まずはこのペットボトルをどうにかしないと他のゴミを掻き出す事が出来ない為、リーダーの竹澤さんが作戦を考えます。

そして…

 

ペットボトルの蓋を開け、浴槽に放り込む→浴槽がボトルでいっぱいになったらその隙にゴミをまとめる→出来たスペースに空いたペットボトルを貯める→浴槽にバクダンを放り込む→空ペットボトルでまとめる→以下繰り返し

 

という荒業でなんとか作業を進めていきます。

ゴミに混じっていた新聞の日付から、少なくとも10年以上は経っているであろう熟成オシッコはかなり臭いもキツく大変な作業でした。

なんとか大半のバクダン処理が終わり夕方近くにはトラックも満杯に。今回のゴミ屋敷は総量がかなり多かった為2日に分けて作業となりました。

ゴミ屋敷を作ってしまう人はゴミを溜める癖を自分で治す事が難しいと聞いた事がありますが、今回のご依頼人の男性も、また何年かしたら同じような状態に戻ってしまうのかなぁ…と、ふと思いました。

すこし変わったゴミ部屋の依頼

先日、堺市内でゴミ部屋の撤去作業を行いました。

少し特殊な現場で家具は全て残し、その中身だけを処分という依頼でした。

今まで数多くのゴミ部屋の撤去依頼を受けましたが、今回のような現場は初めてです。

 

心機一転なのでしょうか?

トラックに撤去したゴミを積み込むのですが家具が全くないので思った以上にトラックがいっぱいになりません。

手数が非常に多く、違う意味で疲れた一日でした。

 

越智

時間短縮

先日、大阪市内でゴミ部屋の撤去作業を行いました。

僕が行った日は最終日の3日目で残り一部屋という話を先輩から聞きました。

現場に到着し二階に上がってみると9割くらい梱包されている状態でした。

残りを先輩が梱包してる間に、僕が黙々と運び作業時間は30分程度です。

かなりラッキーな現場でした。

今までゴミ部屋を作る人達は片付けられないと思ってましたが、今回の現場でこのお客様は今後、ゴミ部屋を作ることはないだろうと、先輩と帰りのトラックで話しました。

お客様に感謝です。

 

越智

1Kのゴミ屋敷の撤去

今回、枚方にて1Kのゴミ屋敷の撤去を行いました。

 

家屋内のすべての荷物の撤去になります。

 

玄関から不要物であふれかえり部屋の扉が全くあかない状態から作業スタートしました。

 

玄関から、撤去を開始し11時頃にようやくお部屋の扉が開きお部屋に入ることができました。

次は、窓を開けなくてわと思い作業に夢中になります。

 

窓が開いたのが1時半頃。

窓が開き風や光が差し込む感動を感じながら作業ペースアップ!15時頃に全ての不用品を出し終え、作業完了。

 

ゴミ屋敷撤去作業時間:6時間

 

帰宅後、1日の汚れ、疲れを落とし爆睡できました!

 

鳥越